うつくしい結晶

桜の開花が宣言された翌日は、雪

そのまた翌朝の地面は、水分をたっぷり含んでしゃりしゃりの飽和状態
一面に成長した霜柱

近寄って見ると、

行き場をうしなった水分が、宙に手を伸ばすかのよう

日が差せば消えてしまう、はかない芸術

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。